肥満体になりたくないなら中性脂肪とは何か知っておこう

隠れ肥満に要注意

サプリメント

痩せていても注意

中性脂肪が高いと聞くと、ついつい肥満体型の人を想像してしまいますが、実はそうではありません。痩せている人の中にも、中性脂肪の値が非常に高い人は結構いるのです。私は痩せているから大丈夫とは安心せずに、健康診断での中性脂肪の値には常に注意しておく必要があります。では痩せているのに中性脂肪が高い原因とは、どのようなものがあるのでしょうか。まずは遺伝が考えられます。両親のどちらかがそのような体質の場合、遺伝する可能性が考えられます。遺伝性であれば、小さなころから中性脂肪の値は高いはずですが、小さなころは血液検査をする機会もあまりないために、発見が遅れてしまうこともあります。また炭水化物が好きな人も注意が必要です。ラーメンやパスタ、菓子パンなどは糖質が多く含まれています。糖質をたくさん摂取すると血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンを出します。インスリンは脂肪を溜める作用もあるために、中性脂肪がついてしまう可能性があるのです。痩せているのに中性脂肪が高い場合は、一度糖質を見直してみるといいでしょう。

糖と脂肪の関係

中性脂肪とは、体内にある脂質の総称で、中性脂質・リン脂質・糖脂質・ステロイドを指しています。これらは炭水化物などの糖類やマーガリンなどの植物性脂肪を原料に、肝臓で作られています。人が活動するうえでのエネルギー源はブドウ糖です。しかしブドウ糖が不足すると、体内に蓄えられていた脂肪が分解され、ブドウ糖の代わりにエネルギー源となります。つまり、糖質を制限することは、体内の脂肪を減らすことにつながるのです。中性脂肪の値が高いと、動脈硬化を起こすリスクが高くなります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因となりますから、日頃から注意しておく必要があります。痩せているから大丈夫と思わず、健康診断の中性脂肪(TG)の欄は必ずチェックしておきましょう。

桑はスーパーフードのお茶

飲み物

桑の葉茶は、「1−デオキシノジリマイシン」の血糖値をコントロールする働きから、ダイエット効果や糖尿病、メタボ対策に効能があります。また食物繊維が豊富なため便秘解消や、様々なミネラルやGABAなどの相乗効果で、内臓の負担を軽減してくれます。

この記事を読む

健康を意識したダイエット

女性

ダイエットのために運動をしている方は、ゆっくり時間をかけて体重を減らしていくのが効果的になります。しかし、短期間でダイエットを成功させたいと考えている方は、置き換えダイエットをするといいでしょう。1日2食の生活を継続させることで、肌荒れや生理不順を解決させることができます。

この記事を読む

糖質を控えましょう

ウーマン

ダイエットでは、カロリーだけでなく糖質も重視しないといけないポイントです。そのため、糖質制限で炭水化物の量を抑えるようにしましょう。しかし、過剰な糖質制限によって体調を崩してしまう可能性があるため、始める時は炭水化物の量を少しずつ減らしていくことが大切となります。

この記事を読む